脳出血の記事一覧

脳卒中には、脳血管が詰まる脳梗塞と、
脳血管から出血する脳出血の2つの病態が
あることは、既に別記事で紹介しました。

今回は、脳出血について詳しく紹介します。

それでは、始めましょう。

脳出血とは

脳出血は、出血部位で大きく2分され、
脳内出血」と「くも膜下出血」とで、
様相を異にしています。

話を進める前に下記の図をみて下さい。
頭蓋内

頭の中は、この図のようになっていて、
頭蓋骨、硬膜、くも膜、軟膜と覆われて、
くも膜と軟膜の間に「クモ膜下腔」という
隙間があり、脳脊髄液で満ちてています。

軟膜の内側には、脳が収まっています。

脳表面には血管が走っていますが、一部は
脳内に入り込み、栄養を送っています。

脳内には、全ての場所に痛みを感じる
神経があるわけでは、ありません。

それ故に、局所的であれば、
ダメージを受けても、
気が付かない事が、あります。

こうした構造を前提に、説明しますね。

脳出血

脳内の血管が破れて、出血すること。

本来、隙間のない場所に、
流出した血液が貯まるので、
周辺の脳組織を圧迫します。

圧迫された脳組織がダメージを受け、
頭痛や、各種障害が発生します。

その時の、部位と範囲により、
意識障害・運動麻痺・感覚障害
症状が異なって、現われます。

状況によっては、全く痛みもなく、
顕著な症状も現れない事もあります。

くも膜下出血

脳血管が破れ、出血を起こすのは、
脳内出血と同じですが、流れ出た血液が、
くも膜下腔に貯まるところが違います。

元々脳脊髄液で満たされているところに、
血液が流れ込みますから、内圧が上がり
激しい頭痛を引き起こします。

その代わり、脳内出血のように、
脳の特定部位を、傷めたりしませんから、
意識障害や運動麻痺などは、起きません。

くも膜下出血の原因は、色々有りますが、
脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)
破裂によることが、最も多いようです。

 
この図で、イメージしやすいと思います。
脳出血とくも膜下出血

即時治療の必要性

脳出血は、一刻も早い処置が必要です。

命の危機であることは、勿論ですが、
命が助かった場合は、後遺症が心配です。

脳疾患の、最も厄介なところは、
大多数の患者に、後遺症が残ることです。

一刻も早く処置する事で、
ダメージを、できる限り防ぎ、
後遺症を、最小限にしたいものですね。

その為にも、素早い判断での、
病院の受診救急車の要請が、
とても重要と考えられますね。

脳出血の特徴を把握して、
素早い判断に役立てましょう。

先ず、前兆を見逃さないようにします!

でも脳梗塞と違い、脳出血には、
前兆が殆んど無いと、云わています。

しかし、脳ドックなどでMRA検査をすると、
極軽度の脳梗塞や脳出血の痕跡がある人が
少なくないそうです。

つまり、脳卒中になる人は、
致命的な大きな発作が、起きる前に、
一時的で小規模な病変を、起こしている!

このように、考えられますね。

 
小さな前兆を、見逃さないことが、
とても大切なのです。

 
その上で、
脳出血の症状を、覚えておきましょう

この症状には、要注意です!

・初めて経験するような激しい頭痛!
・突然の吐き気や突然の嘔吐!
・激しいめまい!
・意識障害!

即刻、救急車を呼びましょう!
一刻も早い、治療が必要となります。

救急車

緊急対応の重要性に触れましたが、
もっと重要なのは、
未然に発症を、防ぐことです。

次回は、脳卒中の原因と予防法を、
紹介していきますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

健康と医療


 
日本人の死因のトップ3は、

1位 ガン
2位 心疾患
3位 脳卒中

このように言われています。

今日は、その中での 3位の脳卒中について
紹介したいと思います。

脳卒中とは

脳卒中は、「脳梗塞」と「脳出血」との
2つの病態に、分けられます。

脳梗塞は、脳の血管が詰まり
先に血液が行き渡らず、
脳細胞が死んでしまう状態を指します。

脳出血は、脳の血管が破れて頭蓋内に
出血する状況を指し、一般な表現として
脳溢血(のういっけつ)と言われています。

それでは、それぞれ、もう少し詳しく
見ていくことにします。

脳梗塞とは

脳梗塞とは、脳内の毛細血管に
血栓が詰まってしまい、
血流が止まってしまうことを言います。

結果として、血流が滞った為に、
脳細胞に、酸素や栄養が、不足したり、
脳細胞が死んで、機能不全を起こします。

脳梗塞

血栓が出来て、3時間以内に、
血栓溶解の点滴すれば、血栓が溶け、
殆んど障害が残らないようです。

 
それ以上時間が過ぎてからでは、
血栓が溶けにくいそうです。

仮に溶けても、脳細胞がダメージを受け、
障害が重く残ってしまします。

 
こうしたことをから、
脳梗塞の診断や処置を、急ぐ必要があり、
その前兆や症状を知ることが、重要です。

脳梗塞の前兆を、素早く判断することで、
命を守り、後遺症を最小限にしましょう。

脳梗塞の前兆と症状

それでは、代表的な症状を紹介します。
3つの特徴的障害を、チェックします。

視覚障害
・視野の片側だけが、見えない。
・ものが2重に見える。

運動障害
・顔や手足が、片方だけ、痺れる。
・同じく片方だけ、麻痺する。
・転倒しやすく成る。

言語障害
・ろれつがまわらない。
・言葉が出ない。

 
これらの症状が突然現われる。
でも、数分から数十分で元に戻る。

この一時的な症状が、前兆なのです。

たまたま運良く、長く血栓が留まらず、
直ぐに流れただけでなのです。

いつ、脳梗塞になるか分かりませんから、
一刻も早く、病院を受診しましょう。

受診科は、脳神経外科か、神経内科です。

 
上記の症状は、一時的なら前兆ですが、
回復しないようなら、完全に脳梗塞です!

その他、昏睡大きないびきも、
脳梗塞の症状の一つです。

この場合は、一刻も早く、
救急車を呼ぶ必要があります!

文化放送でお馴染みのDr.吉田たかよしの
解説動画が分りやすいので紹介します。

脳梗塞チェック:FAST

脳梗塞の症状が、軽い場合などは、
本当に病気か、疲れか判断しかねることも
あると思います。

そんな時は、FASTがおすすめです。

 ace:顔の表情をチェック
      「イー」とやった時の表情が
      片側だけ引きつってしまう。

 rm :腕の動作をチェック
      目を閉じて、両手を持ち上げ
      10秒保持します。
      片方だけ落ちてきてしまう。

 peech :言語のチェック
     「今日はいい天気です」と
      言って、「いい」がキチンと
      発音できない。

 ime:タイム:一刻も早く急げ!
      3つのチェックで脳梗塞が
      疑われたら、急いで病院へ!

FASTはアメリカで作られたチェック法です。

Speechの言語チェックのところだけ、
日本の救急現場で、使われている言葉に、
変えて紹介しました。

疲れやストレスと、安易に決めつけず、
先ずは、チェックしてみて下さい。

一つでも当てはまった場合、
70%の確率で脳卒中
発症しているそうです。

注意の必要な人は

最後に、どんな人が脳梗塞を発症するか、
リスクの高い人は、どんな人かを
消化して終わろうと、思います。

次の人達は、高いリスクのグループに
入る人達ですので、注意が必要です。

・高血圧の人(140/90mmHg以上)
・糖尿病患者
・高齢者(80才以上)
・喫煙者
・多量の飲酒者
・肥満の人
・血中コレステロール値が高い人
・脳卒中の家系の人

上記に当てはまる場合は、要注意です。

家系と高齢以外の条件に該当する人は、
普段の生活で、危険因子を改善し、
リスクを減らすことを、お薦めします。

 
自分のリスクの程度を認識し
少しでも「変だな」と、思ったら、
前兆を見逃さず、迅速な受診が大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

健康と医療