小児喘息の記事一覧

子供の喘息は治ります

それでは、「小児喘息の原因 ダニを退治しよう」で
喘息の原因とアレルゲン除去法をを紹介した次は、
小児喘息の治療方法を見ていきましょう。

小さなうちに発症する小児喘息ですが、
7割のお子さんは中学卒業までに治ります
残念ながら3割のお子さんは、
成人まで持ち越す事になります。

そうならないように、アレルゲンを排除し生活環境を整え、
喘息を上手く管理できれば早めに治ります。
では管理の方法を見ていきましょう

管理のメインは、発作の予防になります。

長期管理薬

喘息の発作を予防する薬は「長期管理薬」と云います。

長期管理薬には、抗アレルギー薬、吸入ステロイド薬、
徐放性テオフィリン薬、ベータ2刺激薬
の4種類があります。

それぞれの機能は、次のとおりです。

吸入ステロイド:炎症を抑える
抗アレルギー薬:アレルギー反応や炎症を抑える
テオフィリン薬:気管支を広げる
ベータ2刺激薬:気管支を広げる

吸入ステロイドが安心な理由

吸入イメージ

なお、吸入ステロイドは最も一般的な長期管理薬ですが、
ステロイドと聞いて、抵抗感を持つ人が多いので
少しだけ説明しておきます。

ステロイドは、副作用や止めた時の反動が大きいことで
恐ろしい薬といった刷り込みが広まっています。

しかし、この吸入ステロイドは、長期に渡り
安全に使う為の薬で、そうした危険は一切ありません。

危険なステロイドは主に経口薬のステロイドで、
吸入ステロイドは、経口薬の千分の1から1万分の1
成分量しかステロイドを使っていません。

直接、吸入で働かせたい気管支に届けるので、
超微量で良いのです。

同じ効果を期待して経口薬で服すようすると、
ステロイド容量1千倍で服用し、消化管で吸収し、
それが全身の血管を回った後に一部が気管支に
達して働くのです。
そして、千倍のステロイドは、その日のうちには
全てを肝臓で分解出来ず、体内に滞留します。

そして服用する毎に、服用して分解しきれなかった分が
蓄積されていくのです。
だから長期間服用すると怖いことに成るのです。

それに比べ吸入ステロイドは、1千分の1が容量で
呼気中に取り込まれ、気管支に届くのが2~5割で
体内に取り込まれるのが2千分の1の量です。
(2~5割の違いは吸入形式によります。)

この少量のステロイドは、その日の内に99%肝臓で
分解されるので、残りません。

それ故、長期に使っても問題ないのです。

これで安心して吸入ステロイドを利用できますね。

長期戦で完治を目指す

長期管理薬で発作が減れば、
3カ月単位程度のスパンで経過を観察し、
徐々に薬を減らしていきます

経過の観察には、ピークフロー検査
呼気NO検査等を利用します。

ピークフロー検査は、力いっぱい吹き出して、
その時の呼気の勢いを計るものです。
呼気NO検査は、一定量の呼気に一酸化窒素が
どれだけ含まれているかを測る
ものです。

気管支の機能の回復状況を計るものです。

こうして、気管支の炎症を抑ることにより、
発作を抑え、発作に因る悪化を抑えることで、
徐々に機能回復していき、治していきます。

成人の喘息では、これでは完治迄至らないのですが、
お子さんの場合、成長期でもあり、肺組織の細胞も
頻繁に生まれ変わる時期ですので、
完治するものと考えられます。

喘息が治ったのかの判断には「年単位」の
経過観察が必要です
ので、気長に構え、
自分の判断で勝手に薬を止めない事が大切です。

アレルゲンの徹底除去と、長期管理薬の適正利用で
アレルギーマーチから確実に離脱してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

健康と医療

小児喘息の原因

それでは、「小児喘息とアレルギーマーチ」で
症状や発作の対応を紹介した次は、
小児喘息の原因を見ていきましょう。

小児喘息の原因の大半は『ダニ』です。

勿論、食物アレルギーや他のアレルゲンに
起因することもあります。

医者にかかって発作を抑えても、
身の回りのアレルゲンをそのままに放置しては
いづれまた発作に襲われることでしょう。

アレルゲンを生活環境から排除する取組みが
喘息治療やアレルギーマーチから
開放される為には、必須となりますよね

以前からアトピー体質のお子さんは
一度アレルゲン検査を受けるのがお勧めです。

原因究明してから対処すれば、早いですよね。

アレルゲンの分からない段階では、
先ず、住居環境を徹底的に見直しましょう。

お布団、床、空調、家具、玩具、ペットで、
ハウスダストの除去と同時に、ダニを退治します。

他に煙草の煙食事にも注意が必要です。
室内環境改善

それでは具体的な対処を見ていきます。

喘息の環境対策

個々の生活環境の改善策は次のとおりです。

お布団
ひとことで言って、布団はダニの棲家です。

ダニ、ダニの糞、ダニの死骸は
喘息の原因で、最も多い厄介者です。

このダニを退治します。
日常的に排除していきましょう。

ダニを殺すには、布団乾燥機が一番です。

布団の丸洗いは、効果としては完璧ですが、
1枚5千円以上して、現実的ではありません。

天日干しでは、賢いダニは影に回りこんでしまい、
なかなか死にません。

では布団乾燥機の効率的な使い方をみましょう。

布団乾燥機の熱風の貯まる袋に敷布団を
ぐるり巻きつけて、その上から掛け布団で覆います。

これで布団の何処にいても熱風で死んでしまいます。
この状態で1時間で殆どのダニは死滅します。
この時、枕も一緒にダニ退治して下さい。

その後、ダニの死骸と糞を、布団に掃除機掛けして
取り除きます。表と裏、各1分間でOKです。

その後は1周間に1度、掃除機掛けします。

寝る時には、枕をタオルで包み、
枕元の肩口当りにバスタオルを敷き

まめに(できれば毎日)洗います。

ダニは髪の毛やフケを餌にしますから、
この部分を頻繁に取り替えて洗濯すれば、
ダニの大量繁殖を防げます。

なお、一緒の部屋で使っているお布団は、
同時に同じことをやって下さい。
更に押入れもダニ対策(スノコなど)して下さい。

折角、子供布団をいい環境にしても、
押し入れで、ダニが乗り移ってきては
意味ないですからね。

他に、寝る30分前には布団を敷き、
埃がおさまってから寝かせましょう。

ベットの場合は、
寝るときのタオル程度で、十分でしょう。

床材
じゅうたんより畳、畳よりフローリングが、
埃がたまらず、ダニの棲家にもなりにくく、
お勧めです。

施工の必要のない、フローリング素材の
カーペットもありますね。

他にリノリウム張りのクッションフロアなども
手頃に敷き詰められます。

空調
エアコンの内部を掃除してカビを除去します。
案外カビが、喘息の原因の場合もあります。

家具
家具は出来るだけ脚付きのものにして、
その下まで掃除できるようにします。

ソファーは、布張りを避け、皮、合皮、ビニール
各素材のモノにします。

家具の後ろは隙間を開け、風通しを良くし、
埃とダニがたまらないようにします。

電気の配線も埃の巣になりやすいので、
キレイに纏めましょう。

玩具
ぬいぐるみなど、毛羽立った物は定期的に
洗い、洗えない物は諦めましょう。

室内で飼うペットは諦めましょう。
ペットの毛、フケ、唾液などでダニが集まります。

もし検査で、特定の動物のアレルギーが出たら
室内飼育だけでなく、その動物に近寄らない
くらいに考えましょう。

煙草
室内での喫煙は、煙草1本でPM2.5が200の
危険レベル
になり、受動喫煙となります。
喘息は当然、肺がんの要因にもなります。
喫煙は、おひとりの空間でどうぞ。

カーテン
案外見過ごしがちなカーテンですが、
まめに掃除機を掛け、時間があれば洗濯しましょう。

(換気の注意)
日頃から、窓を開け、換気を十分行いましょう。
掃除機を掛ける際、排気で埃を巻き上げますから、
十分に換気するようにしましょう。

できれば喘息のお子さんが居ない時に掃除機を
使うのがベストです。

食物アレルギー
このアレルギーがある場合は十分注意しましょう。
食物アレルギーと喘息がある子が、食物アレルギーで
アナフィラキシーショックを起こすと、重篤な状態に
陥る事が分かっています。

こうして個々の項目で、アレルゲンを徹底排除して
アレルゲンに因るこれ以上の悪化を防ぎましょう。

以上になります。

次はいよいよ、小児喘息の治療方法を紹介致しますね。

>>小児喘息の治療方法 アレルギーマーチからの離脱

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

健康と医療

アレルギーマーチとは

アレルギー体質のお子さんをお持ちの親御さんなら
アレルギーマーチ
という言葉を耳にしたことが。あると思います。

アレルギーマーチ

乳幼児期からアトピー性皮膚炎が発症し、
皮膚炎が治まってくる7才頃には小児喘息が発症し、
喘息が治まる12才頃にはアレルギー性鼻炎を発症と、
次々にアレルギー性の症状が連続することを
アレルギーマーチ」と云います。

アトピー性皮膚炎の最大の原因は、食物アレルギーです。
胎児のときから、既に母体を通じてアレルギー反応
起しているので、生後まもなくから症状が出てきます。

次に、小児喘息の最大の原因は、ダニです。
赤ちゃんは、生まれて呼吸をすることで、
体の中にアレルゲンを取り込み始め、
アレルギー反応を起し始めます。

そして、毎日少しずつアレルゲンを吸い込み続け、
少しづつ気管支がダメージを受け、
徐々に炎症が始まり、過敏性が増して、
ついに7才頃に喘息の発作を迎えるのです。

この喘息症状が出て、初めてアレルギーマーチを
切実に感じる親御さんが多いのではないでしょうか。

それではここから、小児喘息に焦点をあてて
話を進めていくことにしましょう。

小児喘息の症状

喘息の諸症状は主に3つです。

長引く咳たん
②息苦しくヒューヒューいう喘鳴(ぜんめい)
発作時は激しい咳き込みと過呼吸、酸欠など

咳き込みには他の疾患も疑われますが、
概ね次のチェックポイント4点で確認出来ます。

①たんが白い
②熱が出ていない
③咳のタイミングが決まっている
親か本人がアトピー体質

次に、喘息発作に不慣れな親御さんの為に
喘息発作への対応を紹介しておきますね。

①衣服をゆるめ、楽な姿勢をとらせる
②水分を十分に摂らせる
③可能なら腹式呼吸で深呼吸させる
④タッピングなどで、たんを出す手助けをする

呼吸困難、チアノーゼ症状なら
速やかに医師の診断を受けます。
場合によっては救急車を呼びます。

姿勢は横になって寝るより、
上体を起こしていた方が楽なようです。

発作まで至らなくとも、咳やゼコゼコが続き
医師から「喘息様気管支炎」又は「細気管支炎」と
告げられた方も多いと思います。

この気管支炎は、RSウイルスなどの感染症ですが、
小児喘息の前駆症状とも言われるものです。

この後に紹介する喘息の原因を知り、対策することで、
喘息を回避していただければと思います。

それでは、喘息症状と発作時の対応等の次は、
喘息の原因を知ることにいたしましょう。

>>小児喘息の原因 ダニを退治しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

健康と医療