夏風邪の記事一覧

手足口病とは

手足口病とは子供が罹り易い夏風邪です。

手足口病の口元発疹

幼児のママさんなら夏になると耳にする
ヘルパンギーナ、プール熱と並ぶ特徴のある夏風邪です。

主な症状は、発熱と発疹ですね。

5月から8月に多く発症する夏風邪の一種で、
コクサッキーウイルスA16などのウイルスで感染します。

お子さんが、急な発熱と発疹、喉の痛みを訴えたら、
手足口病を疑ってみて下さい。

次項で、もう少し詳しく紹介しますので、
お子さんの夏風邪治療にお役立て下さい。

手足口病の症状と感染経路

手足口病の手発疹

主な症状は、下記の3つです。

発熱が1-2日程、みられます。
 38度以上の高熱になることもあります。

咽頭痛があります。

手掌や足底、膝裏、口の周りなどに痛みを伴う水疱発疹が見られるようになります。
 口内にも水疱ができます。
 発疹は3-5日程で消えていきます。

手足口病の脚発疹

この3つの症状が顕著ならば、まず手足口病です。

次に感染経路について紹介します。

①感染者の咳、くしゃみの唾などの飛沫感染

②回復期にも数週間は便にウイルスがまじり、
 そのウイルスが種々の経路で口に入って感染

患者の発疹に触れての感染は無いようです。

潜伏期間は3-6日程度です。

こうしたことから、発症したお友達が近くにいれば、
まず同じ病気に感染したと判断出来ますね。

手足口病の経過と看病

この夏風邪の経過は上記の症状で書いた通り、
先ず発熱が1-2日、その後、喉の痛みと発疹が3-5日、
およそ一週間程で自然治癒します。

ウイルス性の風邪なので、特効薬はなく、
ただただ対処療法となります。

夏風邪と割り切って自然と治るのを待つことも
できますが、目立った発疹が現れますから、
皆さん病院に連れて行くことと思います。

高熱なら解熱剤を、発疹には抗ヒスタミン剤を貰い、
数日間服用することになります。

口内炎の様になり痛みますので、水分や食事が取りにくくなります。
口中にしみますので、成るべく刺激のないモノで水分補給、栄養補給します。

痛くて固形物が摂りにくいようでしたら、
おかゆ、うどん、豆腐と言った柔らかい食事、
プリン、アイス、ゼリーなど柔らかいおやつが
食べやすいので良さそうです。

うちの子の小さなときは、もっぱらポカリスエットと
ウイダーインゼリーで凌ぎました。

兎に角、脱水症状に注意し、水分補給だけは十分気をつけましょう。

手足口病から回復して

さて、数日すると水疱状の発疹が残っていても、元気になってきます。

保育園への登園も可能ですが、発疹が2つの点でネックになります。

①見た目に病気と分かるので他の保護者が気にかける。
②水泡が破れるとそこから雑菌に感染しやすい。

このような点で、発疹が治まるまで一週間ほどお休みするお子さんが多いようです。

他のお子さんへの感染にも注意が必要です。

1週間程で症状は治まりますが、その後も4週間は、
大便にウイルスが混じるようです。

小児のオムツ替えの後、幼児のトイレ後は、
よく手を洗い、タオルの共用は避ける必要があります。

お友達や兄弟への感染にご注意ください。

手足口病は、発疹の為、見た目には大変そうですが、
比較的軽い風邪で直ぐに回復します。

あまり神経質にならず、対応されてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

健康と医療

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナとは子供が罹り易い夏風邪です。

子供の夏風邪

幼児のママさんなら夏になると耳にする
手足口病、プール熱と並ぶ特徴のある病気です。

主な症状は、高熱と辛い喉の痛みですね。

5月から8月が発症の時期で7月にピークを迎えます。
コクサッキーウイルスなど数種類のウイルスで感染する為、
ひと夏に数回も罹患することもあり注意が必要です。

お子さんが、急な高熱と喉の痛みを訴えたら、
ヘルパンギーナを疑ってみて下さい。

以下に、もう少し詳しく紹介しますので、
お子さんの夏風邪治療にお役立て下さい。

ヘルパンギーナの症状と感染経路

主な症状は、下記の2つのみです。

38,39度の高熱が2-3日続きます。

 熱の上がり始めに熱痙攣も稀にみられますが、
 長くても4-5分で治まりますから慌て無くても大丈夫です。

咽頭部に水泡ができ、水泡が潰れ潰瘍となり、
 辛い痛みが4-5日続きます。

 乳児の場合、急に不機嫌になり、お乳の飲みが悪くなります。
 喉が痛いからですね。

他に症状が無く、2つの症状が顕著ならば、
まずヘルパンギーナです。

次に感染経路について紹介します。

①感染者の咳、くしゃみの唾などの飛沫感染

②回復期にも数週間は便にウイルスがまじり、
 そのウイルスが種々の経路で口に入って感染

 乳幼児の場合、患児のよだれの付いた玩具を
 介して感染などもよくある事ですね。

こうしたことから、患者のお友達がいれば、
まず同じ病気に感染したと判断出来ますね。

ヘルパンギーナの経過と看病

この夏風邪の経過は上記の症状で書いた通り、
先ず高熱が2-3日、同時に喉の痛みが4-5日、
一週間ほどで自然治癒します。

ウイルス性の風邪なので、特効薬はなく、
ただただ対処療法となります。

夏風と割り切って自然と治るのを待つことも
できますが、38度からの高熱になりますから、
皆さん病院に連れて行くことと思います。

解熱鎮痛剤を貰い、服用することになります。

高熱が続きますので、水分補給に努めます
喉にしみますので、成るべく刺激のないモノで
水分補給、栄養補給します。

喉が痛くて固形物は摂りにくくなりますから、
おかゆ、うどん、豆腐と言った柔らかい食事、
プリン、アイス、ゼリーなど柔らかいおやつ

食べやすいので良さそうです。

うちの子の小さなときは、ポカリスエットと
ウイダーインゼリーが定番でした。

兎に角、水分補給だけは十分気をつけましょう。

ヘルパンギーナから回復して

さて、5-6日すると元気になってきます。
1週間程で回復しますが、3-4週間は、
大便にウイルスが混じるようです。

小児のオムツ替えの後、幼児のトイレ後は、
よく手を洗い、タオルの共用は避けましょう。

お友達や兄弟への感染にご注意ください。

又、前述のように複数種類のウイルスにより
感染しますから、再び感染しないように、
発病中の子供からは離すようにしましょう。

そう言っても、子供のことです。

風邪もやったり、もらったりですから、
あまり神経質にならずに子育てしたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

健康と医療