予防接種の記事一覧

大人の水疱瘡

原因はウイルス

水疱瘡は、「水痘-帯状疱疹ウイルス」という
ヘルペスウイルスが原因で発症します。

接触感染飛沫感染空気感染で感染し、
非常に感染力が強く、発症者と一時間程同室すれば
大半の人が感染するほどです。スゴイですね!

水疱瘡は、一度かかると終生免疫が出来て、
二度とかからない病気ですので、
殆んどの人が子供の頃に経験します。

大人になって発症する人は少なく、
「子供の病気」と思われがちです。

しかし、運良く大人になるまで感染しなかったり、
予防接種を受けて感染せずに過ごしてきたりして、
大人になってから水疱瘡にかかる人もいます。

今、予防接種をした人が大人になって水疱瘡にかかると
書きましたが、疑問に思った方が多いと思います。

予防接種をすれば終生大丈夫と皆さん思っていますね。
しかし、最近、抗体の効果は20数年で薄れる場合が
あることが分かって来ました。

ですから過去に予防接種を受けたにも関わらず、
大人になってから水疱瘡にかかる人がいるのです。

それではこのあと、大人になってから
病気を経験する人達のことを見ていきましょう。

要注意な大人の症状

一般的に子供の病気と認識されていますが、
発症は子供に限ったことではありませんよね。

子供時代に罹患経験が無い人が、
大人になって罹患することは確かにあって、
年齢と共に重症化する傾向が見られます。

大人の重症化による入院患者数は子供の1.5倍で、
発症数が圧倒的に少ないにも関わらず、
1.5倍とは重症化する割合が高いことが分ります。

子供の発症に比べ、発疹の発生がひどかったり、
口腔内に発疹ができて食事に支障が出たり、
更には上気道にできた発疹が呼吸困難に繋がるなど
入院を余儀なくされる状態になるようです。

人により重篤な症状

このように重症化する可能性の高い大人の中でも
水疱瘡の感染に特に注意が必要な人がいます。

免疫不全の人」と「妊婦さんです。

免疫疾患や抗癌剤、免疫抑制剤で治療中の患者は
脳炎や、肝臓、腎臓機能が働かなくなるなど
さらに重症化の心配があります。

妊婦さんは、妊娠20週までの初期に罹患すると
2-4%の胎児に障害が出る可能性があるようです。

また妊娠全期間で早産の危険もあります。

更に、出産前後に母体に発疹が出ると、
周産期水痘(しゅうさんきすいとう)となり、
新生児の死亡率が非常に高まります。

大人にこそお勧めの予防接種

予防接種
水疱瘡罹患経験の無い人が、
保育・教育関係、医療関係に勤め始める際は、
予防接種を受ける事をお薦めします。

水疱瘡の子供に接する確率が高いですからね。

あと、罹患歴の有無に関わらず、
過去に出来た水疱瘡に対する免疫は20数年で
弱まる
ことがあるようなので、
20年毎の予防接種をお薦めします。

前述のとおり、妊娠時期の水疱瘡罹患には、
胎児や新生児に重大なリスクが有ります。

このことを考えるならば、
結婚前に予防接種というのも、ぜひお勧めです。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)予防に

水疱瘡のウイルスは、治った後も神経節に潜み、
帯状疱疹(たいじょうほうしん)の発症を招きます。

実際には免疫が絶えず監視して抑制しているので、
潜んだウイルスはおとなしくしています。

加齢やストレス、病気で免疫力が低下すると、
抑え付けられていたウイルスが暴れだして、
帯状疱疹を発症するのです。

この帯状疱疹の予防にも
水疱瘡の予防接種が、効果を発揮
します。

ですから、水疱瘡の罹患の有無に関わらず、
予防接種は効果を期待できる予防策なのです。

尚、ご家族が帯状疱疹に罹った場合
水疱からでたウイルスで接触感染して水疱瘡に
なりますので、注意が必要です。

帯状疱疹に関しては、
別記事に詳しく紹介してあります。
==>[帯状疱疹の症状と原因~うつる病気?]

皮内テストも有効

皮内テスト
ここまで予防注射が有効!と何度も書きましたが、
水疱瘡に対する免疫がどの程度あるかを知った上で、
必要なら接種を受けたい
と云う人も居ますね。

そう、ツベルクリン反応とBCGのような形式です。

正にそういった免疫テストが有ります。

皮内注射をして、24時間後の発赤の直径が
1cm以上なら十分な免疫力があり
1cm未満なら免疫が無いか弱いと云うテストです。

1cm未満なら予防接種をお勧めします。

この検査の費用は3千円程度だそうです。

普通、大人は予防接種などと考えませんか、
これを機会に検討されてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

健康と医療

水疱瘡とは

原因はウイルス

水疱瘡は、「水痘-帯状疱疹(すいとう-たいじょうほうしん)ウイルス」という
ヘルペスウイルスの一種が感染して発症します。

接触感染、飛沫感染、空気感染で感染し
非常に感染力が強いので、発症者と1時間同室すれば
大半の人が感染するほどです。スゴイですね!

水疱瘡は、一度かかると終生免疫が出来るので、
二度とかかることのない(筈の)病気です。

子供の一般的な症状

水疱瘡
誰でもかかる比較的軽い子供の病気です。

1-2才がピークで小学校低学年迄に
90%の子供が経験するそうです。

感染後の潜伏期間は2-3週間です。

感染力が生じるのは、
発症の1日半ぐらい前から約1週間の期間です。

ですから、潜伏期間の最後の時期には、
症状が出る前でも感染しますので要注意!ですね。

症状は、38度からの高熱を伴い、
まず赤く腫れ上がった丘疹(きゅうしん)が現われ、
それが痒みを伴った水疱(すいほう)に変わっていきます。

水疱は、3日程度で潰れてカサブタ状になりますが、
全身に次々に発生し、1週間前後続きます。

合併症としては、痒みで掻いてしまうと
細菌感染したり、跡が残ったりします。

ごく稀ですが、髄膜脳炎なども心配されます。

新生児の感染について

新生児の母親が水疱瘡にかかったことがあれば
新生児は母親の抗体を受け継ぎますから、
そのお陰で、生後1年程度は感染しても
比較的軽くすむことが多いようです。

ただし、その親譲りの抗体の影響なのか、
治癒した際に抗体が出来ず、
再び水疱瘡にかかる事が有ります

母親が水疱瘡にかかったことがなけれれば
親から譲り受ける抗体がありません。
新生児は免疫が弱く、抵抗力も弱いので、
とても危険です。

上の子がいる場合は、
生後半年頃まで十分に注意する必要が有ります。

水疱瘡の予防接種

予防接種の概略

予防接種

水疱瘡は、9割の子供が経験する病気なので、
かかって当然、予防の必要無しと考えられてきましたが、
最近では予防接種が普及して、接種率が30%を越えています。

稀では有りますが重症化のリスクもありますし、
主に親の都合や色々な理由から普及しています。

予防接種は、任意接種ですので、
自分で医療機関に足を運び、実施することになります。

費用は1回7千円程度です。(我が家の経験から)

予防接種の結果、
90%の人は抗体が陽性になり免疫がつきますが、
残り10%の人は抗体が現れないようです。

そこで念のため、2回摂取が推奨されています。

残念ながら、摂取を受けた人のうち20%は、
ついた免疫が弱いのか罹患する事があるそうです。

水疱瘡にかかったとしても、抗体があれば、
軽い症状で終わりますので、価値は十分にあります。

子供の接種時期

ゼロ歳児は色々な予防接種の予定も有りますから
1才~3才頃がお勧めかと思います。

集団生活に入る前に済ませるのが良いでしょう。

保育園に預けて両親が働く場合なんかは、
子供の病気で1週間も休めないですからね。

子供に限ったことでは無いのですが、
特効薬的な予防接種の使い方!を紹介します。

水疱瘡の人との接触後、72時間(3日)以内に
この予防接種を打てば、水疱瘡の発症を8-9割は
阻止できるのです。

発症前の潜伏期間にも感染力のある病気ですから、
予防接種前のお子さんと、前日遊んだお友達が
発症した場合、確実にうつされていますが、
直ぐに予防接種すれば発症を回避出来る分けです。

ただし、それ以前に既に感染していて、
お友達同様に潜伏期間に入っていた場合は
当然、効果はありませんね。残念!

でも、直近に遠足など大事な行事があるとか、
どうしてもお母さんが会社を休めない時期なら、
取り敢えずトライしてみる価値方法だと思いますね。

かかったかも知れない場合、
「いつ接種するの?」「今でしょ!」
こんな感じですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

健康と医療

帯状疱疹(たいじょうほうしん)の原因と症状

原因は水ぼうそう?

帯状疱疹がウイルスによる病気だと
聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

でも、このウイルスの正体が「水ぼうそう」だとは
知らない方が多いようです。

多くの人は子供の頃に水ぼうそうに罹ります。

水ぼうそうのウイルスは、治った後も神経節に
残って
しまい、息を潜めています。

免疫の働きで見張られていて、静かにしています。
神経節内のウイルス

しかし、過労やストレスで免疫力が低下すると、
勢いづいて、暴れだします。

神経節(神経節)から繋がる神経を傷つけながら先端へ向かい、
先端の皮膚に達すると発疹として顔を出します。
神経を攻撃するウイルス

ひとつの神経領域上の皮膚表面一面に発疹
帯状に広がることから「帯状疱疹」と呼ばれます。
痛みを伴う帯状の発疹

症状は

一般的に、
4-5日間ピリピリと痛みが続き、
その後、帯状に発疹が広がります。

先ほど紹介した通り、
ウイルスが神経を傷つけますから神経痛が痛みます。

この時、免疫機能との兼合いで、痛みが無かったり、
痛みが発疹の後にくることもあるようです。

このように帯状疱疹は皮膚病というより
ウイルス性の神経の病気とも考えられます。

全身どの部位にでも発症の可能性があり、
頭部の場合、厄介な症状を伴う事もあります。

おでこや鼻の部分に発症した場合、
視神経が神経領域に含まれるため、
視神経が傷つき、失明の危険性があります。

また、耳に発症した場合、
その神経領域は顔面の左右半分となるなので
顔の半分が麻痺で動かせなくなる場合があります。

その後の経過

非常に強い神経痛を伴う発疹の病気ですが、
水疱は1週間、遅くとも3週間で枯れて治まります。

神経の痛みも徐々に薄らいでいきますが、
年齢や個人差によってなかなか消えない人もいます。

中には、帯状疱疹後神経痛として痛みが残る事も
多いようです。

帯状疱疹はうつるの?

帯状疱疹はうつらない

帯状疱疹と云う病気は、自分の神経節に隠れていた
ウイルスが原因となって内側から起きるものなので
帯状疱疹自体が感染することはありません。

水ぼうそうがうつるかも

帯状疱疹としては感染することはありませんが、
水ぼうそうに罹ったことのない人には、
水ぼうそうがうつる可能性があります。

見方を変えると、帯状疱疹は局所的な水ぼうそうと
考えることも出来ますから、うつって当然です。

発疹の水疱には水ぼうそうのウイルスが存在し、
それが破れると大量のウイルスが流れ出ます。

このウイルスに接触感染し、水ぼうそうを発症する
ことは十分あり得ますから、注意が必要です。

ちなみに別の記事に水疱瘡と予防接種に関して
詳しくまとめてありますので、参考迄にリンクをお知らせします。

==>【水疱瘡の症状と予防接種の意外なお勧め時期!

予防法と発症時の注意点

予防方法

広範囲の発疹の上に神経痛が長引く嫌な病気ですから
できれば発症したくないと誰でも考えますよね。

予防法は無いのでしょうか?

帯状疱疹専用の予防接種は無いようですが、
水ぼうそうの予防接種で予防できます!!

同じウイルスの病気ですから当然ですね。
予防接種

あと、
家族や親戚のお子さんが水ぼうそうに罹ったら、
その子と接触を持つ
ことでも予防できます。

水ぼうそうウイルスに接触することにより、
このウイルスに対する免疫力をアップ
する
ことを狙ってのことです。

水ぼうそうに限りませんが、一度病気を経験すると
抗体が出来て、再び感染しない病気があります。
免疫機能のお陰で再び感染しないと云われきましたが
実は20年もすると、その効果が失われていくことが
確認されています。

一昔前、子沢山(こだくさん)の大家族では、
何年かに一度は子供が水ぼうそうなどに罹り、
家族がウイルスに触れる機会があった訳です。

その度に、それらの病気に対する免疫力が再活性化し
免疫機能が薄れることはなかったのでしょう。

しかし、現代の核家族化で、子育て中にウイルスに
触れる機会が減り、20年以上ウイルスに触れずに
そのウイルスに対する免疫力が弱体化する人が
増えてきたのです。

また、高齢化も同様の状態をまねきます。

帯状疱疹に罹りにくい人を調査した結果、
保育士、小児科医、皮膚科医に罹患者が
少ないことが分かっています。

このことから、上記の理由が導き出されました。

もしものときの注意

もし、帯状疱疹に罹ったと疑われる場合、
次のことを注意しましょう。

  • 初期の痛みで整形外科を受診した場合、誤診の危険あり
  • 発疹が出ない状態では、痛みの伝え方により
    筋肉痛や五十肩と間違われ、間違った治療をうけ、
    本来の病気に気づくのが遅れてしまうこともあります。

    「肋が痛い」「腕が痛い」だけではなく、
    どのように痛いかより具体的に伝えましょう。

    痛みの種類が「ビリっと電気が走るような痛み」なら
    神経の痛みなので帯状疱疹の可能性が伝わります。

  • 初期の発疹を虫さされやカブレと間違える可能性がある
  • 痛みが強くない場合にありがちなパターンです。

    塗り薬にステロイド剤を塗ってしまうと、
    ステロイドが免疫を低下させるので病状が
    悪化してしまいます。

  • 発疹が出て72時間位内に抗ウイルス薬の摂取を始める
  • 長時間ウイルスに攻撃された神経は傷が深く、
    長期間に渡り神経痛が残ります。
    なるべく早い時期にウイルスを抑えこみます。

  • 糖尿病、アレルギー体質、高齢者は発症確立が高い
  • この条件に当てはまる人は免疫力が弱くなっていて
    ダメージのレベルが低くても、発症リスクがあります。

  • 激しい神経痛が残った場合は神経ブロック療法を用いる
  • 絶えず痛み信号を伝え続ける神経経路は、
    興奮状態に陥り、痛み信号を増幅して脳に伝えます。

    一旦伝達経路を麻酔でブロックして興奮を抑えると
    痛みの感じ方が小さくなります。

    更に痛みが薄れると血流の抑制がはずれ、
    神経の修復が促進されることが分かっています。

以上、帯状疱疹に関してザックリまとめてみました。
ご自身やご家族の健康にお役立て下さい。

分かりやすい解説動画も見つけました、参考にどうぞ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

健康と医療