スポンサード リンク

うちの母は、先々月末の、
介護保険の更新で、認定区分が、
要介護2から要支援2に、
変更されてしまいました。

これには、ホントに困りました。

この時の顛末は、下記の記事に
書きましたので、宜しければ、
御覧ください。

介護認定で要介護から要支援に
 更新されたらどうなる?

要支援2の条件下で、
やむなく在宅介護の体制をとり、
介護保険の区分変更を、
申請していました。

やっと結果が出ましたので、
その事から書いていきますね。

区分変更の結果は要介護3!

区分変更申請して一ヶ月

先日再認定の通知が届きました!

結果は【要介護3】でした。

この要介護度は、
申請日に遡って適用されます。

よって先月分は、要介護3で、
保険サービスが計算されます。

そして、これからは、
要介護3のサービスを保険適応で、
受けられることに成ります。

先月、追い出された老健に、
再び戻れる
訳です。

母も快適な環境に戻れますし、
家族も元の暮らしに戻れます。

希望通りの結果で喜んでいます。

要介護2に戻るのでなく、
要介護3になったのは意外でした。

ただ、認定期間が半年なので、
秋には再び審査を受ける訳で、
その点だけ少し気がかりです。

秋の審査に準備する意味でも、
今回の区分変更が成功した
その要点
を、まとめておきます。

介護保険審査時のポイント

それでは、今回の介護保険の
要介護度区分変更申請における
要点を振り返ってみましょう。

介護保険更新時の審査には、
医師、介護者、本人が、
生活基本動作が出来るとしか
表現していませんでした

確かに他の老健入所者と比べると
割りと手助けを必要としないで、
自立しているように感じます。

しかし、環境が整った施設だから
自分で出来る
部分があったり、
見守りしてもらって最後に少し
だけ介助してもらっている
のが、
現実なのです。

その、見守りが必要だったり、
少々の介助が必要だったり、
介護施設並みの設備がなければ、
到底自力では出来ないこと
など、
審査官に伝え損なっていた訳です

具体的な生活動作に付いて、
今回どう審査官に伝えたかを
記していきますね。

移動

保険更新時:

車イスで自由に移動できる。
手摺を伝ってなら伝い歩き可能。

区分変更申請時:

自宅では、狭く、段差があり、
車イスが使えない

賃貸住宅で手摺の設置は出来ない

更に、右手先と腰が痛いので、
ベッドから立上がるのが辛い

つまり、自立歩行出来ないので、
一人では移動は出来ない。

排泄

保険更新時:

一人で車イスでトイレに行って、
自分で排泄、後始末している。

区分変更申請時:

トイレまでいけば、自分で下着を
下げて排泄し、拭き取りし、
下着を上げる一連の動作は出来る。

ただし、拭き取りが不十分な為、
介助がない場合は尿取りパットを
利用し
、トイレットペーパーを
下着に挟んでいる。

トイレの後、衣服を整えてあげる
必要がある。

自宅の環境では、一人でトイレに
行くことが出来ない
ので、
誰かが手を引いて行く

着替え

保険更新時:

一人で概ね出来る。

区分変更申請時:

目の前に用意すれば、
概ね自力で着替えるが、
最後に整えてやる必要がある

食事

保険更新時:

一人で概ね出来る。

区分変更申請時:

一人で概ね出来るが、時々咽る
誤嚥の心配があり、見守り必要

食事は刻み食である。

食卓に誘導しないと
自分から食べようとしないので、
日中一人で留守番の時は、
食事の用意がしてあっても、
自分から食べることは無い

その他

保険更新時:

ボケの兆候はない。

区分変更申請時:

昔の事を今さっきの事のように
話しだしたり、季節の認識が
狂っている。

一度スイッチが入ると、
ヒステリックに攻撃的になり、
暫く続く
。痴呆の始まり。

主に介護をする嫁は、更年期の為
ヒステリックな攻撃に対し、
感情的になり泣き叫ぶなど、
最悪の組み合わせです。

区分変更成功要因

ここまで、項目毎に追加で伝えた
内容を記しました。

まとめると、次の様になります。

①大体自力で出来るではなく、
 この部分は介助が必要と、
 単に自律でないことを伝える

施設の整った環境だから、
 問題なく生活できていた事を
 伝える

③調査員面会時に現れていない
 ボケや痴呆の兆候現象を
 具体的に伝える

上記3点を家族立会いで、
調査員に具体的に伝えること
実情が伝わり、要介護3に
変更されました。

家族が要点を意識して、
調査員訪問時に立ち会えば、
間違った要介護度の認定を
受けることは無い
ようですね。

これで、やっと母も生活しやすい
老健に再入所出来ます。

ちなみに、特養は要介護3以上が
申し込み条件になっている
ので、
今のうちに申し込みだけ
しておこうと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スポンサード リンク

介護