経済の話題の記事一覧

今日、Youtubeで、コロナ禍での生き残りや、
コロナ禍終息後の社会に関しての学びを得たので
備忘録としてここに記します。

1:外出自粛で収束するか? 再生産数で考える

ウイルスの感染力指標に「再生産数」がある。
一人の感染者が何人に感染させるかの数字です。
基本再生産数」は自然に暮らして感染させる人数。

一人から一人に伝染る程度の感染力なら1、
一人から三人に伝染る程度の感染力なら3です。

それに対して、
感染抑制策を講じたりした際の実態感染人数を、
実効再生産数」と云います。

抑制策をどのように、どのくらい徹底するかで、
「実効生産数」は変わってきます。

現在、「人と人の接触について極力8割減らす事」を
盛んに呼びかけられていますが、
これは、接触を今迄の2割にするってことですよね。

少し乱暴ですが、予想される実効再生産数を求める式を

実効再生産数基本再生産数(仮に2.5とする)接触率

と単純化して考えると、

0.5 = 2.5 x 0.2

この場合、実効再生産数が1より小さいので、感染は縮小します。

接触率が4割だと、

 = 2.5 x 0.4

この場合、1なので、現状維持でしょう。

これが、接触率6割だと、

1.5 = 2.5 x 0.6

この場合、1より大きいので、感染は更に拡大します。

感染には、接触機会だけが関係するわけでなく、
感染防御行動(マスク着用や手洗い励行など)も関係するので、
上の式がそのまま当てはまるとは言えないが、
人と人の接触について7-8割減らす事を目指す意味が理解出来ました。

外出自粛して接触8割減が出来れば、
一旦終息させることが出来るという事ですね。

でも、今の出勤、外出禁止にしてない現状では、
8割減は、ムリじゃないかなと思います。

また、仮に今8割減に成功して一旦抑え込んで終息しても
元の生活に戻せば感染は再び勢いを増すことでしょう

その結果、何度か外出自粛を繰り返すことでしょう。

集団免疫を獲得するか、ワクチンが出来て行き渡るまで、
医療崩壊手前まで感染拡大、外出自粛、
医療崩壊手前まで感染拡大、外出自粛、
医療崩壊手前まで感染拡大、外出自粛、
と繰り返して、長期戦になることが予想されます。

政府は、給付等行う際に、
5月のGW開けまで外出自粛等対策をして抑え込めば、
その後は完全終息する様な発言をしていますが、
決して一度限りの事では済まないと認識して、対処する必要があります。

米ハーバード大学の発表では2022年まで続くそうです。
2021年のオリンピック開催は到底不可能ですね。

2:生き残り対策について 守備力と情報力が必要

守備力と情報力をつけることが重要です。

守備力とは

①守備力とは、主に2つで、感染防止生活防衛の力のことです。

マスク着用や手洗い励行などのウイルス防御行動だったり、
外出自粛で、感染防止を目指します。

生活防衛としては、主に、収入減少・途絶に対応した
生活費のコストカットでしょうか。

あと、事業者には稼ぎ方を変えることも必要かもしれません。

出勤をテレワークにしたり、
飲食店なら、店内提供からお弁当提供やデリバリー提供にしたり、
サービス業なら、回数券販売や前売り券やギフト券を販売したり、
業態によって色々な変様があると思います。

現状、営業自粛により提供出来ないサービスの前売り券などは、
どちらかと云うと、稼ぎ方の変様と云うより現金化の手段で、
店の存続を望むファンが店を応援して支える方法と云えそうです。

こうした時の為にもファン造りって大切ですね。

情報力とは

②情報力とは、生き残る為の正しく有効な情報を得られる力です。

コストカットしても、情報収集の為のコストはカットしてはダメ!

有効な情報を得られる情報網にこそコストを掛ける必要があります。

また、どのメディアから情報を得るか、良く見極める必要があります。

例えば、テレビでは毎日のようにコロナ関連の内容を扱ってます。
しかし、テレビという媒体は、基本、恐怖を煽って、視聴率を上げ、
CM料を稼ぐのがそのビジネスモデルなので、情報価値は低いです。

無料のネットTVも同様でしょうか。
いずれも興味本位の視聴者に合わせた内容ばかりです。
井戸端会議の話題には事欠きませんが、
生き残るための有効情報としては不足です。

信頼のおける情報発信者からの情報に注目しましょう!
私は幾つかのメルマガやオンラインサロンに注目しています。

3:コロナ後の社会 元には戻らず構造が変化する

コロナ禍が過ぎ去った後の社会は、
元通りにはならないと、
認識する必要がありそうです。

外出自粛の対策として、テレワークが定着するでしょう。

そうすると、今までのオフィスの広さは不要になります。
都市部のオフィス需要が激減する可能性があります。

代わりに、自宅が広くなる傾向が出るかもしれませんし、
住宅地にサテライトオフィスが増えることも考えられます。

通勤ラッシュが緩和するとか渋滞も軽減するかも。

ZooM会議を経験し、会議室に集まる必要が無いと実感し、
会社の会議室が減り、レンタル会議室が不要になり、
役員会議に出席する役員の送迎車が不要になるなど、
会議の変様が起きそうです。

飲食店では、テイクアウトやデリバリーが定着し、
店舗内提供が減り、顧客層の変化も起きるでしょう。

また、もっと大きな視点で見ると、
中国に大きく依存したサプライチェーンは、
その危険性を認識し、国内に生産拠点を戻す動きも
出てくるのではないかと思います。

あと、長期の経済停滞に伴い、多くの小規模事業者が倒れ、
旧来の取引先が無くなり、新たな取引先を探すことになるでしょう。

同様に、多くの失業者は新たな就業先を求めるでしょう。

こうした社会構造の変化や混乱があることを
認識して
明日を迎える事になりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

今日の話題, 経済の話題

日経225Miniでお手軽投資のすすめ

前回の記事「日経平均とは?先物でお手軽投資」にて
説明してきましたように、日経225先物miniなら、
お手軽に投資を始められそうですね。

ここで、お勧めポイントを整理して、
投資する際の注意点も合わせて、紹介しますね。
今日の日経平均チャート

日経225mini 先物投資の利点

日経平均という身近な指数を使う投資である。

 日経平均という毎日何度も目にする指標を使うこと。
 個別株投資のように、積極的に個別情報を
 探しまわらなくても毎日の動きと解説を得られます。

②上昇局面、下降局面のどちらでも投資可能である。

 現物投資では、安くなっている処で買って、
 値上がりを狙うしかありませんが、先物はそれだけでなく、
 高いところで売ってから値下がりを狙うことも出来ます。

投資対象の総額を必要としない投資である。。

 現物投資では、投資物件の総額が必要ですが、
 先物投資は20分の1の証拠金だけで投資が可能です。

僅か10万円程度の小資金から出来る投資である。

 日経225miniでは、10分に1の単位で取引ができ、
 証拠金が10万円未満でも投資が出来ます。

夜間にじっくり取り組める投資である。

 この夏からナイト・セッションが延長され、
 深夜3時まで取引可能になりました。

 日中お勤めの人にもじっくり取り組めますし、
 取引の半数以上を外国人投資家が占める投資商品は、
 欧米が昼間になる時間帯は取引が盛んになります。

YouTubeにも、日経225Miniを投資コンサルの方が
解説してる動画が有りましたので、紹介しておきますね。

ほぼブログ管理人と同じ意見でしたね。

投資のおける注意点

①投資は余裕資金で行うべし。

 基本中の基本です。

 いくらも儲かると言われる投資商品でも、
 借りてきた期日のある資金では判断を惑わされます。

②証券会社の口座は、ネットで取引するべし。

 このブログを見ている人はどなたもネット環境があり、
 よもや店頭で、口座開設したり、取引したりはないでしょう。
 でも、敢えて、書きますね。

 言いたい事の本質は手数料が高いとかそうしたことでは無く、
 証券会社の担当者からあれこれ案内されるのを
 嫌ってのことです。

 ご存知の通り、証券会社はお客から手数料をとっています。
 うかうかしていると、自身の財産形成にならないような
 投資商品を奨められます。

 投資信託などまさにそうで、手数料ばかりかかります。
 そうした面倒なことにならないように、
 ネット取引のみで投資しましょう。

ロスカットルールを決め、確実に実行するべし。

 先に書いた通り、1日に百円動くことが当たり前の
 指数ですから、損益で1日1万円動く事も当たり前です。

 ということは、10万円の証拠金を入れていても、
 証拠金に対し1日で10%も損益が動くことになります。
 1枚で投資しているうちは、絶対額こそ小さいですが、
 とてもハイリスク、ハイリターンな商品とも言えます。

 シッカリとしたロスカット・ルール(損失管理)で、
 損切りする投資姿勢で望まないと、追証地獄にハマります。

 注)ロスカットルールとは、損失許容額を決めて、
   それを超えたら決済して損失額を確定すると言った
   自分の中でのルール。

   もう少し様子を見ていれば反転するだろうと考え、
   ずるする決済を引き延ばしていると、
   取り返しのつかない程の大損を抱える事になります。

 注)追証とは、証券会社の口座に預け入れた証拠金が、
   現状の投資状況で計算して、最低証拠金額を下回った時、
   不足となった証拠金を追加で預け入れること。
 
   追証を期限までに入れないと、全建玉が矯正決済される。

 
期日を意識して投資するべし。

 先物は定めた期日に決済するのですが、日経先物では
 3月,6月,9月,12月の第2金曜日が期日となります。

 投資する際に、どの期日の先物に投資するかを決めます。
 直近から、最長は1年先のものまで5本の中から選びますが、
 期日前に反対売買する際は、期日まで近いほうが取引が
 成立しやすいようです。

こうした点に注意して、安全に投資を始めてみて下さい。

興味を待たれた方には、ひと通りまとめられた本を
1冊でいいので読んでみることを、おすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

経済の話題


先日はオリンピック東京開催が決まり、週明けの市場では
株価も急上昇、日経平均も一時400円の上昇と報じられました。

さて、ここで出てきた日経平均とは、どのようなものでしょう?

毎日のニュースで発表される経済指標ですね。

他に、TOPIX、NYダウ、なんかも有ります。

これらの指標と絡めて、解りやすく紹介しましょう。

日経平均とは

日経平均チャート60年

一般の人が、株式投資で取引出来る会社の株は、
いわゆる上場している会社の株式なのですが、
現在、東証一部上場の会社は1761社もあります。

この中でも特に日本を代表する225社を、
日本経済新聞社が選んで
います。

その選ばれた225社の株価の平均を日経平均株価と云います。

この225社は、時代の移り変わりとともに、
流動性や会社の経営状態に応じて、
銘柄(※1)の入替えが行われています。
※1:上場株式の会社のことを「銘柄」と呼びます。

流動性とは、取引が頻繁に行われているか否かのことで、
あまり取引がされない銘柄は、除外されていきます。

また、会社の経営状態によっては、
社会全体の経済情勢とは裏腹に株価が急落するなど、
全体を表す指標を構成するに相応しくない枚柄も同様です。

除外去れる会社の数だけ、新たに加えられます。

新たな銘柄に入れ替える際に、取替える銘柄間で株価の
違いがあると、平均株価に影響が出てしまうので、
その際は調整をして、連続性を確保しています。

ですから、構成銘柄の入替えに因る平均価格の上下は
生じないことに成っています。

こうした調整により、毎日の経済状況を判断する為の
指標として、広く経済界や投資家に使われています。

同様の指標として次のような物が有ります。

TOPIX(トピックス)

東証株価指数(とうしょうかぶかしすう)のことで、
東証第一部全上場株の時価総額の合計を、
基準日(1968.1.4)の時価総額を100として、
指数化したものです。

勿論この指数も、新規上場、上場廃止、増減資や企業分割などを
考慮して修正して連続性を保っています。

ダウ平均株価(ダウへいきんかぶか)

ダウ・ジョーンズ社がアメリカの代表的な銘柄の選出し、
その平均株価を発表しているもの。
アメリカでは、ナスダック指数やS&P500も代表的指数ですね。

日経225先物取引とは

それでは、毎日発表され、馴染みのある指数に
投資できないものかと、お考えの方も多いと思います。

残念ながら、日経平均自体には、投資できません。

しかしながら、日経平均先物や先物オプションでしたら
一般投資家でも投資できます。

では、その日経平均先物についても紹介いたしましょう。
(オプション取引は、とても難しいので割愛しますね)

日経225先物取引とは、日経平均(日経225)という指数を対象に
決められた将来の期日に現時点で決めた価格での売買を
約束する取引
のことです。

言葉で説明すると回りくどくて解り難いですので、
例を上げて説明しましょう。

解りやすく簡単な数字でいきますね。

 今の日経平均が100だとします。

 これが、1ヶ月後にどうなっているかを予想します。

 Aさんは、110円位になっていると考え、
 1ヶ月後に(110円で)売る約束をして、
 現在100円の先物1枚に投資します。
 【つまり先物1枚を、今、買いました。】

 ちなみに、投資の1単位を1枚と呼びますね。

 それで、1ヶ月後、予想通り値上がりしていれば、
 差額分が利益になります。

 予想に反して値下がりしていれば、
 差額分が損失です。

 実は、将来売る約束をして、今買った場足は、
 現物株を買って売るのと同じになります。

 次に、
 Bさんは、90円位になっていると考え、
 1ヶ月後に(90円で)買う約束をして、
 現在100円の先物1枚に投資します。
 【つまり先物1枚を、今、売りました。】

 先物は、現物取引と違って、先に売っておいて、
 後から買い戻すという順番でも取引できます。

 それで、1ヶ月後、予想通り値下がりしていれば、
 差額分が利益になります。

 予想に反して値上がりしていれば、
 差額分が損失です。
 先物差金決済

このように、先物取引は、
売りからでも買いからでも、どちらからでも入れるので、
上昇局面でも下降局面でも投資出来るのが魅力です。

また、先の例では1ヶ月後の期日に精算した例でしたが、
期日前に反対売買を行えば、そこでの損益確定が可能です。

投資資金的にも現物投資にない利点が有ります。

先物取り引きは、取引総額を売買時に動かすものではなく、
証拠金を預けることで取引します。

通常、取引総額の20分の1程度が証拠金ですので、
理論上、投資可能額の20倍の取引が可能です。

決済時に損失が発生した場合、証拠金から差し引かれて
返却されます。

利益が出た場合は、証拠金と利益分が手元に戻ります。

通常は投資の1単位は1000(株)となります。
現状の平均株価だと、14400x1000で1440万円ですね。

証拠金額は、この20分の1で、72万円となりますね。

実は、日経225先物には、投資額10分の1の商品があります。
日経225miniなら7万2千円で投資可能なのです。

10万円未満の投資額なら、多くの人が参加可能ですね。

この225miniでも日経平均が百円上がれば1万円の利益です。
毎日の終値で比べても百円位当たり前に動いていますよね。

この機会に、投資を考えてみては如何でしょうか?

日経225mini投資に関してのメリットと注意点を
日経225miniでお手軽投資」の記事にて紹介しています。
合わせて読んでみて下さいね。

>> 日経225miniでお手軽投資

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

経済の話題