冬になると寒くなり、
空気が乾燥してしますね。

この時期、
風邪やインフルエンザが流行します。

インフルエンザ

学校や幼稚園などで大流行して、
学級閉鎖も度々です。

うちの息子のクラスでもインフルエンザで、
大勢の生徒さんが休んでいるそうです。

幸い、うちの息子はまだ大丈夫なようで、
「〇〇は風邪ひかない」なんて、
ふざけた事を言われています。

猛威をふるうインフルエンザの予防に
効果のある対策を色々調べましたので、
是非、参考にしてくださいね♪

インフルエンザ予防に役立つウイルスの性質

インフルエンザは、
ウイルスで感染する
のを、
皆さんがご存知だと思います。

じゃあ、
「ウイルス」ってどんな性質があるのか、
それが解れば、予防に役立ちそうですね。

ウイルスって、
細胞を持たず、遺伝子だけを持つ存在で、
滅茶苦茶小さい奴で、空気中に漂っています

自分の細胞が無いので、
自分だけではこの世に存在し続けられません

なので、他の生物の細胞に入り込んで、
増殖していきます

この細胞に入り込まれた生物を
宿主」と言います。

インフルエンザウイルスが人を宿主とする場合、
鼻や喉や気管の粘膜から入り込み、増殖します。

そして、増殖したウイルスは、
呼気やくしゃみと一緒に空気中に出ていきます。

通常、インフルエンザウイルスは、
宿主から離れてしまうと、
5分から15分程で死滅ます。

このことから、
インフルエンザ患者から出てきたウイルスを、
15分以内に、体内に侵入されなければ、
感染しない
と言えますね。

では次に、ウイルスに侵入されない為の
予防法を紹介しましょう。

水でウイルス侵入を防ぐ3つのインフルエンザ予防法

キーワードは、「」です。

水の活用で、予防します。

では、順に説明しましょうね。

インフルエンザ予防の第1は、加湿です。

インフルエンザウイルスは、
空気中に漂っています。

湿度が高くなると、空気中の水滴が多くなり、
この水滴に当たって落ちてしまうのです。

ですから、空気の乾燥する季節は、
ウイルスが拡散しやすく、流行するのです。

そこで、室内の加湿が、威力を発揮します。

インフルエンザ予防の第2は、手洗いうがいです。

意外と多いのが、
ウイルスの付いた手で鼻や口を触って
自らウイルスを取り込んでの感染です。

十分な流水でシッカリと、
そしてマメに手を洗いましょう。

インフルエンザ予防の第3は、マメな水分補給です。

昨今、色んな意味で健康の為、
水分補給を心掛ける人が増えました。

実は私も、尿路結石対策で、
頻繁に水を飲むようにしていて、
一日2リットルは飲んでいます。

寒い季節には、
白湯を飲むことが多いですね。

結果的に、
インフルエンザ予防に役立っています。

では何故、
水分補給が予防に役立つのでしょう?

体内での第1防衛ラインの活性化に役立つのです。

呼吸に乗って体内に侵入したウイルスは、
鼻腔、口腔、気管の粘膜に取り着きます。

通常、粘膜表面に取り付いた異物は、
粘膜の繊毛によって順に送り出されます。

そして、痰や咳として排出されたり、
粘液で包んで、胃に運ばれ消化されます。

第1防衛ラインとは、この粘膜の繊毛細胞のことです。

十分な水分があれば、繊毛は活発に動き、
ウイルスなどの異物を排除します。

ウイルスが繊毛の下の細胞に潜り込むのを、
防位でくれるのです。

しかし、乾燥した環境下で水分が不足すると、
繊毛の活動が鈍り、異物を排除しきれず、
ウイルスの侵入を許してしまう事になります。

そこで、コマメな水分補給を行うことにより、
繊毛の活発な活動を維持し、
ウイルスの侵入を防ぐことが出来るのです。

つまり、水分補給で抵抗力をつけている訳です。

マスクの着用に関して

なお、多くの方が予防の為に着用するマスクですが、
ウイルスのブロックには、役立ちません。

ただ、呼吸器粘膜の保湿には、役立つので、
繊毛組織の保護に、いくらか役立つと思います。

毎日、新しいマスクの着用をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark