愛おしく、可愛い筈の我が子ですが、
思い描いていた育児と、なにか違うと、
思ったことが、あるのではないですか?

自閉症

反応が乏しい。
呼びかけに反応しない。
こだわりが強すぎる。

こんなことに、ふと気がつくと、
お母さんは、とても心配になりますね。

そして、発達障害を、疑い始めます。

そして、色々情報を探して、このページに
辿り着いたのだと、思います。

心配しているのは「自閉症」でしょうか?

それでは、自閉症について紹介しますね。

自閉症とは

自閉症とは、
先天性の脳機能障害に因る発達障害です。

残念ながら、先天性の脳の障害ですので
治すこと、は出来ません。

自閉症の症状は、生涯に渡り続きます。

 
自閉」という文字の印象から、
いわゆる「ひきこもり」と混同する人も
多いのですが、全くの誤りです。

あと、自閉症は、先天性のものですから、
育児方法や家庭環境が、原因では無く
母親を責めるのも、全くの誤りです!

あくまで、先天性の脳障害です。

 
このあと、自閉症児の特徴的な様子を、
紹介していきますが、その特徴は、
乳幼児の多くに、当てはまるものです。

 
一般的な発達スピードと比べて、
一般的な特徴の強さと比べて、
判断されることが、多いと思います。

しかし、
子供の、発達スピードや、個性は
実に様々で、判断は正直とても困難です。

専門家でさえ、とても難しいようです。

いづれにせよ、少し風変わりな様子や、
少し困った様子は、親の育児が悪いと
思わず、子供の気質と受止めましょう。

 
では、特徴を見ていきましょう。

自閉症児の特徴

自閉症には、3つの障害が、見られます。
これらは「3つ組」の障害と言われます。
3つ組みの障害

  1. 社会性の発達障害
    • 目線を合わせようとしない
    • 人見知りや後追いが極端に激しい
    • 人見知りが無く誰にでも抱かれる
    • あやしても、反応が乏しい
    • 親も含め、人と上手く付き合えない
  2. コミュニケーションの発達障害
    • 言葉が話せない、又は言葉が遅い
    • パパ・ママを、言わない
    • 言葉が言えても、ひとりごとだけ
    • 自分の好きな事だけを、繰り返す
    • クレーン現象がみられる※1
    • 逆さバイバイをする※2
    • 目を合わせないか、執拗に合わせる
  3. 活動と興味の発達障害
    • ミニカーや積み木を一列に並べる
    • おもちゃで、本来の遊び方をしない
    • 常同行為を繰り返す※3
    • いつも同じ手順で同じことをする
    • いつもと違うとパニックに成る
    • 極端なこだわりを持つ

※1:人の手をもって何かさせる様子の事
※2:掌を自分に向けて振るバイバイの事
※3:飛び跳ね続ける、回り続けるなど、
   同じ行為を長時間やり続ける事

 
3つ組以外にも、付随症状が、多くあり、
色々な様子が、人によって現われます。

代表的な付随症状を3つ紹介しますね。

  1. 多動
  2.  親が一寸目を放すと、もう居ないとか、
     手を放すと、どこかに飛んで行くとか、
     落ち着きのない様子です。
     ・注意欠陥多動性障害(ADHD)など

  3. 感覚異常
  4.  音や匂い、味覚、手触り、痛みなどの
     感覚の受け取り方が、普通とは違って
     特異である。

     入ってきた感覚を脳が正しく処理できず
     快・不快が異なり、奇妙な反応を起し、
     耳塞ぎや、壁に頭突きしたりします。

  5. 睡眠異常
  6.  睡眠のリズムが、いつまでも乳児期と、
     変わらず、3歳でも2時間毎に目覚める。

     又は、極端に睡眠が短い事も有ります。

診断は3歳頃から

自閉症の診断は、3歳頃からなされることが
多いようです。

自閉症の診断

乳幼児の発育のスピードは、実に様々で
個性も様々ですから、3歳頃までは、
単純に判断できません。

こういった面は、全然未発達だが、
別の面は、逆に早かったりと、
発達度合いに凸凹があるのが、普通です。

3歳頃になると、概ね幼児としての成長が
落ち着いてくるので、3つ組みの特徴が、
見分けやすく成るようです。

 
しかし、こうした幼児の障害の診断には
いくつかの難しい点が、存在します。

先ず、成長著しい時期であり、
単純に発達が、少し遅い為に、
障害のように、見えることがある点。

次に、障害ではないが、個性が強い為に、
障害のように、見えることがある点。

この2つは専門家でも判断が難しいのです。

自閉症と診断された子が、
その後の療育のお陰で、健常児に戻った、
と云う話を聞いたこともあります。

しかしこれは、治らないはずの障害が
治ったのでなく、障害の診断自体が
間違っていたようなのです。

我が子が自閉症だと思い込んでいる親から
日常の様子を、聞き取りする場合に、
状態が誇張されるのも、原因でしょうね。

 
あと、診断を親にどう伝えるかも、
とても難しいところが、あるようです。

なんといっても、治らない障害の事です。

その診断を聞いた親は、非常にショック
受けることになります。

親子それぞれの状態や、性格や環境を考え
直ぐには伝えずに、経過観察と云う場合も
少なからずあるようです。

 
実際、ブログ管理人も十数年前に、
我が子が一生障害者だと言われた経験が
ありますので、そのショックは分ります。

健常児として生まれた我が子が、
生後20日で急変し、半年入院して、
やっと病名が付き、告げられたのです。

まさに、目の前真っ暗って感じです。

十万人に一人と言われる難病で、
治癒した例は、皆無とのことでした。

なんで我が子が!と、落ち込みました。
いつも明るい妻も泣きはらしていました。

半年、小児ICUに通い、同じような親子を
何人も見てきていた私達夫婦は、
既に覚悟していましたが、それでも辛い。

それから更に1年程入院し、自宅に戻り、
幸いなことに、3歳の時には奇跡的に、
症状はなくなり、今では元気です。

息子は、その病気としては症状が軽く、
合併症も無かったので、実は難病でなく、
違う病気だったのではとも思っています。


 
私の体験からも、言えるように、
診断も難しく、伝えるのも難しいのが
子供の障害なのです。

この事を認識したうえで、
お子さんと、自閉症に、
向き合って下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark