真夏の暑い時期には、脳梗塞が心配で、
秋冬の寒い時期には、脳出血が心配です。

夏は血中の水分が不足して、ドロドロ血。
冬は血管の収縮が災いして、思わぬ出血。

ともに直接の原因は、季節の要因として、
挙げられていますが、脳卒中の原因は、
それ程単純なものでは、ありません。

それでは、「脳卒中の原因」を次章から
少し詳しく紹介していきますね。

脳卒中の原因

脳卒中は、大きく分けて、
脳出血くも膜下出血脳梗塞
3つの病態として、捉えられています。

脳卒中

また、発作としては、同時に起きることは
無いのですが、脳梗塞が起きた後で、
脳出血を起こす
ことが、あります。

これは、一度脳梗塞で詰まった血管が
先の組織が死んだ後に、詰まりが解消し、
再開した血流で、脳出血するからです。

血流が止り、壊死した血管組織では、
弾力が失われてしまい、再開した血流の
圧力を受け止め切れないで裂けるのです。

ですから、脳梗塞の原因も、
脳出血の原因と、捉えることができます。

こうした事から脳出血、くも膜下出血の、
個別原因と、脳卒中の原因をまとめて、
紹介していこうと思います。

 
脳出血最大の原因は、高血圧です。

ただし、高血圧は脳出血固有の原因では
なく、脳梗塞においても原因となります。

細い血管に、高い圧力が加わった結果、
血管壁に、亀裂が生じるのです。

その下地として、血管の弾力性が無いとか
血管が脆いなどの原因も有りますが、
脳梗塞と共通の原因であり、後述します。

 
高齢者には、アルツハイマー病に関係した
タンパク質が、脳血管壁に付着する
アミロイド血管症も、原因の一つです。

 
くも膜下出血の原因は、脳動脈瘤です。

くも膜下出血の多くは、脳動脈瘤破裂
原因で、発生しています。

 
ノックアウト型脳梗塞では、
心臓でできた血栓が、脳の太い血管を
詰まらせています。

この血栓は、心房細動という心臓の異常が
原因で発生しますので、心臓の病気も
原因の一つと、考えられます。

 
脳の血管に限らず、全身の血流と血管の
状態が影響しますから、原因は多岐に
渡り、生活習慣に深く関わります。

生活習慣病のうち、高血圧をはじめ、
糖尿病、動脈硬化、心疾患、脂質異常と
これらの疾病も、原因となっています。

 
YouTubeでとても分かりやすい動画も、
紹介しますね。
「脳梗塞の現状と原因と予防」の動画

ハイリスクな人の予防

直接的な原因疾病が、分りましたね。

これらの疾病も含めて、リスクが有り
特に、脳卒中の予防が必要な人を、
順に、確認していきましょう。

    【原因疾患の治療が予防になるもの】

  1. 高血圧
  2. 高血圧

     (特に急激な)血圧上昇で、脳卒中の
     発症リスクが非常に高い。

     治療は勿論、急激な上昇を抑える
     生活上の注意が、予防となります。

  3. 糖尿病
  4.  血管が脆くなるのでリスクが高い。

  5. 脂質異常
  6.  脂質異常は、血管内に血栓を作り易く、
     脳梗塞のリスクが高い。

  7. 心疾患
  8.  心房細動で出来た血栓による脳梗塞は、
     ノックアウト型と云い、血栓溶解不能、
     高死亡率のハイリスクである。

    【生活習慣の改善が予防になるもの」

  9. 肥満
  10. 肥満

     肥満は、脳卒中の原因疾患である
     高血圧、糖尿病、心疾患等の原因となり
     間接的な根本原因となる。

     肥満の解消に取り組む。
     日々の生活をトータルで変える。

  11. 運動不足
  12.  肥満や各種生活習慣病に繋がり、
     間接的な根本原因となる。

     日々、運動をする習慣を採り入れる。

  13. 喫煙
  14. 喫煙

     血管の収縮性を弱め、血行を抑制し、
     血管の健康を阻害する。

     全ての生活習慣病の危険因子でも有り
     つまりは、脳卒中のリスクを高める。

     更に悪いことに、喫煙者のみならず、
     周囲の人に受動喫煙させ、悪影響を
     回りに広げる。

     喫煙習慣を改めるのが、予防となる。

  15. 多量の飲酒
  16. 過剰な飲酒

     一合を越えての飲酒はリスクが高い。

     適量を守ることが予防となる。
     適量とは
      日本酒:一合(180ml)
      ビール:中瓶(500ml)
      ワイン:グラス2杯
      ウイスキー:ダブル1杯(80ml)
      焼酎:ぐい呑1杯(70ml)

    【季節を意識することで予防になるもの】

  17. 真夏の暑さ
  18.  夏は発汗により、血中水分が減り、
     血液ドロドロで脳梗塞のリスクが高い

     コマメな水分補給が予防になります。

  19. 冬の寒さ
  20.  風呂場、トイレ、戸外など、
     急に寒い場所に行くと、血管が収縮し
     急激な血圧上昇を招きます。

     この急激な血圧上昇こそ、リスクです。

     急激な温度変化の無いような生活環境
     整えることが、予防につながります。

脳卒中の予防十か条

最後に、日本脳卒中協会提唱の
脳卒中予防十か条』を、紹介しますね。

   脳卒中予防十か条

  1. 手始めに 高血圧から 治しましょう
  2. 糖尿病 放っておいたら 悔い残る
  3. 不整脈 見つかり次第 すぐ受診
  4. 予防には タバコを止める 意志を持て
  5. アルコール 控えめは薬 過ぎれば毒
  6. 高すぎる コレステロールも 見逃すな
  7. お食事の 塩分・脂肪 控えめに
  8. 体力に 合った運動 続けよう
  9. 万病の 引き金になる 太りすぎ
  10. 脳卒中 起きたらすぐに 病院へ

 
以上、予防十か条を実践し、
安心して暮らしましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark