節句とは、一般的に五節句のことを言い、
1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日に
行われる季節の行事のことです。

今日9月9日も、あまり一般には定着していませんが、
重陽の節句と言って立派な節句なんですね。

ちなみに本ブログ管理人の誕生日でもあります。

それで今日は、この重陽の節句にちなんで
節句とはどんなものかを、紹介しようと思った次第です。

ではここから、「五節句」について紹介していきましょう。

五節句

五節句の「節」は、季節の変わり目のことを意味します。

暦の中で奇数の重なる日に、
季節の旬の植物から生命力をもらい
邪気を祓うという目的から始ったそうです。

この中国の暦法と、日本の風習が合わさり、
定った日に宮中で邪気祓いの会が
開催されるようになり、これが、
「節句」と言われるようになりました。

五節句は、「33日」や「55日」と言った具合に
奇数が重なる日になっていますが、
1月だけ1日(元日)を特別な日なので、
7日の人日(じんじつ)を、五節句としています。 

「五節句」の制度は、
江戸時代に「重要な年中行事」の式日(儀式を執り行う日)が制定されいました。

しかし、明治6年の旧暦の廃止とともに、
五節句の式日も廃止
されました。

現在では、年中行事の一環として広く定着しています。
とくに子供の行事として定着しています。

各節句の内容

それでは五節句の意味と行事について紹介しましょう。

人日の節句(じんじつのせっく)別名:七草の節句
七草の節句

「人日」とは五節句の1番目の節句で、
陰暦1月7日のことをいいます。

お正月の最後に、七草粥を食べて
今年1年の豊作と無病息災を願います。

古代中国では正月1日に鶏、2日に狗、
3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、
7日に人、8日に穀をそれぞれ占ったそうです。

この7日の「人」が「人日」の由来ですね。

七草粥の七草は、春の七草を使い、
セリ・ナズナ・ハコベラ・ホトケノザ・
ゴギョウ・スズナ・スズシロ
が一般的です。

上巳の節句(じょうしのせっく)別名:桃の節句
桃の節句

「上巳」は3月3日にあたり、
桃が咲く時期と重なることから「桃の節句」と言われ、
桃などの自然の生命力をもらうなどして厄災を祓います。

また、女の子の成長を祝う「雛祭り」として
一般的に知られています。

端午の節句(たんごのせっく)こどもの日
端午の節句

「端午の節句」は5月5日にあたり、
菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。

強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒につるし、
また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。

また、「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて、
勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う
「尚武の節句」でもあります。

この日だけが、現在も祝日として残りました。

七夕の節句(しちせきのせっく)別名:笹の節句
七夕の節句

七夕〔たなばた〕とは「7月7日の夕方」を意味します。

七夕行事は、牽牛・織女星の伝説から生まれたようです。

笹の枝に、願いを書いた短冊を吊るして祈ります。

他の節句が全て新暦の暦日で行われるようになったのに対し、
七夕まつりだけが、旧盆同様に旧暦を引きずって、
8月に行われるところがありますね。

重陽の節句(ちょうようのせっく)別名:菊の節句
重陽の節句

「重陽」とは9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。

陽(奇数)が重なる日そして、
奇数の中でも一番大きな数字という意味で
「重陽」といわれています。

日本では、奈良時代から宮中などで
菊を観賞する宴が、行われてきたようです。

現在の節句が、こども中心の行事となっている傾向にあるので
菊を愛でるといった行為は、子供にはなじまず、
一般には馴染みがない節句となっているようです。

私は自分の誕生日なので意識して、
「今日は何の日?」などで調べて、
「重陽の節句」を知っていますが、
一般的には知らない人が多いですね。

一般的には、9月9日と言えば「救急の日」ですもんね。

以上の五つの節句を紹介しました。

季節ごとに、節句を祝う日本の風習を、
これからも大切にしていきたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark